義父の禁煙大成といったせん妄の縁について

義父は80お代だ。10代のあたりから喫煙を吸っていたようで、かなりのヘビースモーカーでした。

何をするにも人の拳固が必要になり、ようやく極上介護になりました。介護をするについて意外と始めたことは、禁煙でした。入院間だったこともあり、喫煙を渡さない、見せない、吸わせないということで強制的に禁煙させることになりました。

ここで症状になったのは、せん妄でした。喫煙をしたいという心境といった入院による不満で、凄いせん妄が始まりました。普段は穏やかな義父ですが、者が変わったようになりました。

最初の2ヵ月は、毎日間喫煙を欲しがりました。ナースさんや一家にも喫煙がないと当たりました。単に身にはにらみつけ、ゲンコツを作って、「言うことを聞けないなら殴って引き上げる。」と言いながら身にかけてきました。但し、ボディが言うことを受け流す結果、身には届きませんでした。

せん妄はサクサクひどくなりました。クリニックに入院しているにもかかわらず、面白所に連れてこられた、毒物を飲まされる、臭いご飯が出る、誰も迎えに欠けるなど騒ぎ、クリニックから逃げ出そうとしました。

この時点では車いすを自分で動かせたために、クリニックの間は自らキロできました。身は、ちっちゃな坊やを抱っこしながら義父をなだめるしかありませんでした。クリニックもトラブルを見れないと言って、冷たくされました。

そうして、薬を飲まされることになりました。感動病状を牛耳る薬だ。少し落ち着いたものの、今度は感知症に不調が出てきました。一過性の存在でしたが、小児の面持も、姑のことも、私のことも分からなくなりました。ボディに思いが入らなくなり、ご飯を食べることができなくなった時もありました。

ただし、一家の献身的介護を通じて、少しずつ復古しました。今では禁煙が成功し、せん妄が落ち着いている結果持ち家に返ることができました。介護は実に難しいです。どうやって妊娠線を防止するのか。その方法とは?